その時代における最高の機能・品質・デザインを備えて、進化を続けるSEIKOの最高峰ブランド
HOME ご注文・お支払い方法 配送、送料 交換、返品 アフターサービス 当店概要 特定商取引法

 
常識を捨てる。
9Fムーブメントはグランドセイコーのためだけに開発されたクオーツムーブメント。
開発者たちがめざしたのは、単に高精度なムーブメントではなかった。腕時計の本質とはなんだろう。
グランドセイコーはそれを愛用してくれる人々に何を提供するべきだろう。
長い議論の果てに得られた結論は、きわめてあたりまえのことばかりだった。
正確であること。時刻を読み取りやすいこと。一生つきあえる時計であること。
しかし、このあたりまえのことを徹底的につきつめた結果、9Fムーブメントは「薄くて軽い」というそれまでのクオーツムーブメントの常識を捨てることになった。
重量オーバー。
まずこの9Fムーブメントの開発で、技術者に最初に突きつけられた難題は針だった。
初代のグランドセイコーのような太く堂々とした針を回したい。しかしその重量はそれまでのクオーツムーブメントが動かせる限界を超えていた。そして開発されたのが、エネルギーを節約しながら重い針を動かすことができる「ツインパルス制御モーター」。
しかし難題はそれだけでは終わらなかった。
瞬きより早く。
夜も遅くなると、腕時計のカレンダーの窓の中の数字がずれはじめ、12時を過ぎてやっと正しい日付になる。これではとっさのときに日付がわからない。
日付を瞬間的に切り替えるカレンダーは、トルクの強い機械式時計ではいくつか例があるがクオーツ式の時計では前例がなかつた。
前例がなければつくればいい。いくつかの機構が試作され,2000分の1秒で切り替わるカレンダーが、クオーツ式の時計にはじめて搭載された。
震える秒針。
歯車は「遊び」がなければ回転できない。しかしその「遊び」が秒針の震えの原因になる。
この震えを押さえる機構は従来からあったが、その効果にグランドセイコーの開発者たちは満足しなかった。そして「バックラッシュ・オートアジャスト機構」という新しい方式が開発された。
秒針の的確で美しい動きを実現したこの機構には、機械式時計の心臓部を構成するひげゼンマイが使われている。
クオーツは調整できない?
たしかにほとんどのクオーツムーブメントには調整する方法がないが、この9Fムーブメントには「緩急スイッチ」という機構が搭載されている。使いはじめて数年を経て、年差レベルでの進み遅れの傾向がはっきりしたときに、使うためのものだ。
ただし、このムーブメントに使われる水晶振動子は特別なテストやエージングを経た「エリート」ばかりなので、この「緩急スイッチ」の出番はあまりない。
540回の検温。
クオーツの水晶振動子は温度変化に弱い。1秒間に32,768回という振動数が、温度によって上下してしまうのだ。これをそのままにしておいては年差の精度が確保できない。
そのために、9Fムーブメントは時計内部の温度を1日に540回、センサーで測り、水晶振動子の基準からずれた振動数を検知し、その誤差を補正している。