時計用語説明(クロックの部) 
50音順
●ウォッチの部はこちら   創業明治18年 時計・宝石のエンドー
時間の精度 特に表示のあるもの以外は平均月差±20秒。(電波時計は電波を受信してから次に受信するまでの間)
電池寿命 特に表示のあるもの以外は、電池寿命は約1年間です。
但し、報時機能つきの商品は、その鳴らし方によって1年に満たないことがあります。
木枠の材料については左の「木材図鑑」をクリックしてください。
家具屋さんのホームページです。
MDF MediumDensityFibreBoardの略 木材などの植物繊維をシート状に熱圧製板したもので、天然木に比べてゆがみが少なく、家具など広い範囲に利用されています。
黄銅 銅と亜鉛の合金で、色調が金に近く比重が高いため、主に高級品に使用されます。
おやすみ秒針
(光センサーによる自動秒針停止機能)
光センサーの働きにより、一定以下の暗さ(約10ルクス)になると自動的に秒針が止まります。就寝時に秒針のコチコチ音が気にならない、電波受信時にノイズがなくなるので受信感度がアップする、電池が長持ちする、といったメリットがあります。
クイックスタート機能 裏面のスイッチをスタートするだけで、工場出荷時にあらかじめ受信していた日本標準時を表示します。(クオーツの精度による誤差が生じる場合があります。)これにより、従来に比べ時刻表示までの時間が格段に短くなりました。また電池を入れる手間もありません。
研磨光沢仕上げ ピアノに施される手法と同じ系統のもので、厚塗り用の塗料を塗り重ね、最後に研ぎ出して仕上げます。深みのある美しい光沢が特徴です。
高音質オルゴールメロディ FM音源ICに組み込まれた複数の音源の音程を変えることで、50弁程度の高級オルゴールを想わせる豊かな余韻を響かせます。
高透過ガラス 鉄分を少なくすることでガラス特有の青味を抜き、より透明感を増した「高透過ガラス」を2枚使用しています。ガラス越しに見える色が青味がかることなく忠実に再現される為、文字板のさらなる白さが際立ち、美しい輝きと質感を演出しています。
サンドブラスト仕上げ 圧縮した空気で砂をガラス面に吹き付けて削り、スリガラス風に仕上げる工法。
厚手のガラスに異なる深さでブラスト処理を施し、飾りに一層の奥行き感をもたせています。
スワロフスキー社製クリスタルガラス 高精度のカッティングと面の仕上げの美しさで世界に名を馳せる、オーストリアが誇るクリスタルガラスの銘品です。
スイープセコンド 秒針がなめらかに動くので、コチコチ音が気になりません。
ステップセコンド 1秒ごとに秒針が動きます。(特に表示のないものはステップセコンドです。)
象嵌仕上げ 色合いや木目の異なる天然木を丹念に組み合わせて、多彩な意匠を造りあげていく装飾。上質な家具などに用いられ、格調高い味わいが魅力です。
ソーラープラス 明るいところでは光エネルギーだけで動き、光の足りない場所でも補助電池を使って動き続けるバックアップ機能の付いた安心設計。使う場所を選ばないからギフトにもおすすめのソーラープラス。
タイムリンク

無線技術により標準電波の届かない鉄筋の建物の内部や地下でも日本標準時を表示できる、セイコー独自の新しいシステムです。標準電波の届かない場所に設置する場合は内蔵の送信機を標準電波の受信できる場所に移動させて使用します。
※「タイムリンクホールクロック」は「タイムリンク送信機」から送られる電波(特定小電力無線)のみを受信します。標準電波は受信しないため、通常の電波クロックとしては使用できません。
※「タイムリンク送信機」からの電波が受信できない場合、通常のクオーツ時計として作動します。

つき板貼り ベースとなる部材に薄くスライスした他の木材を貼り込む伝統的な技法です。
電波時計(電波修正機能)
約10万年に1秒の誤差といわれる正確な時刻情報をのせた標準電波(福島局40kHz/九州局60kHz)を受信することにより、時刻を自動修正し、日本標準時を表示する機能です。時刻合わせをしなくても、正確な時を刻みつづけます。
※電波を受信可能な範囲であっても、地域や建物(地下やビルの中)、置き場所(電 化製品やOA機器の近く)などの条件によって受信できない場合があります
※受信環境によって遠い送信所の電波を受信することがあります。
※電波を受信してから次に受信するまでの間はクオーツの精度で作動します。
〈左のマークがついた時計が電波クロックです〉

●東西2電波自動選局モデル「ツイン・パ」
福島局(周波数40kHz)と九州局(周波数60kHz)の2つの日本標準時電波のうち、より受信しやすい電波を自動的に選択して受信します
ハイファイ音源メロディ 本物の楽器さながらのリアルな音色を響かせるハイファイ音源メロディ
澄み渡るような『グラスベル』から重厚な『パイプオルガン』の響きまで、原音の持つ深み・艶・広がりを複雑なデジタル処理技術で限りなくリアルに再現したハイファイ音源メロディ。生演奏を間近で聴いているようなそのみずみずしい音色は、報時を待ち遠しくさせるほどの高音質です。

メーカーのサイトで試聴
できます。
ハイファイ音源チャイム&メロディ 英国国会議事堂の大時計(ビッグベン)の奏でる鐘の音(ウエストミンスターチャイム)と多彩な名曲を澄み渡る音色(オルゴールとグラスベル)でおたのしみいただけます。

※ハイファイ音源はステレオではありません。
光センサーによる自動鳴止め 光センサーの働きにより一定以下の暗さ(約10ルクス)になると報時や正時の動きを止める機能です。
ファインライト 暗闇でも時刻を読み取れる便利なファインライト機能。
真夜中や薄暗い早朝にふと目がさめたとき、気になるのが時間。でも、照明をつけたら家族に迷惑。そんな時に便利なのがファインライト機能。鮮明に光るエレクトロルミネッセンスを針や数字などに使うことで、暗闇でも時刻を読み取れるようにしました。
報時モニター 正時のメロディを、正時以外にも聞くことができます。
無段階音量調節 メロディやチャイムなどの音量を無段階で調節できます。
夜間自動鳴止め 夜11時から朝5時45分までの間は自動的に報時音が止まります。
ルミブライト 放射性物質を含まない環境にやさしい蓄光塗料です。一定の明るさ(200ルクス :6畳間に60Wの蛍光灯が目安)の光を30分以上蓄えると、暗い所で光って(掛時計で約5時間、目ざましで約8時間)見えます。